チリグモ

チリグモ

チリグモ



チリグモ科 Oecobiidae は、クモ類の分類群の一つで、小柄で壁に張り付くように生活するものである。ヒラタグモ科をここに含めることもある。

チリグモ科のクモ。 家の中の壁,天井,窓枠の隅や庭の石灯籠,周囲の塀,樹木のへこみなどに4mmから1cmの小さな天幕状の網と数本の糸を張り,その下に潜む。 世界の温帯・熱帯地域に広く分布し,日本では本州,四国,九州,南西諸島に分布している。 体長2~3mm。

チリグモ: 体長: 約2.5mm: 分布: 本州,四国,九州,南西諸島: 出現期: 一年中: 餌: 昆虫: 解説: 天井や石灯ろう,ブロック塀などの隙間にボロ網を作る小さいクモ。 ボロ網の周囲には放射状に梳糸(そし)を張り、触れた獲物を捕食する。

チリイソウロウグモ A. kumadai: 学名 ; Argyrodes kumadai Chida et Tanikawa, 1999 和名; チリイソウロウグモ: 雄成体. チリイソウロウグモ Argyrodes kumadai は、イソウロウグモの1種。この類では比較的大柄で、時に網の主のクモを襲う。 特徴. 雌成体で体長は7-10.5mm

Oecobius チリグモ属 [編集]. チリグモ属 en:Oecobius Lucas, 1846 Oecobius achimota Shear & Benoit, 1974 — Ghana; Oecobius aculeatus Wunderlich, 1987 — Canary Islands; Oecobius affinis O. P.-Cambridge, 1872 — Syria, Jordan; Oecobius agaetensis Wunderlich, 1992 — Canary Islands; Oecobius albipunctatus O. P.-Cambridge, 1872 — Syria; Oecobius alhoutyae Wunderlich, 1995 — Kuwait

それ以外のものについてはチリグモ科の属種を参照されたい。なお、日本産ではチリグモがごく普通種、ヘヤチリグモは記録がある程度だが、いずれも日本原産ではないと考えられている。 Oecobius チリグモ属; C. navus チリグモ; C. cellariorum ヘヤチリグモ

 · チリグモは天井の隅や障子の桟のはし、壁や家具の隙間などに4mm~10mmの幕のような巣をかけてすみかにしています。放射線に糸がはってあり、それにふれた虫がエサです。ハンティングにでかけることもあります。獲物の周りを糸をだしながら高速でくるくるとまわりつづけ、動けなくす …

チリグモ ⭐ LINK ✅ チリグモ

Read more about チリグモ.

pitersteps.ru
ipkrasnodar.ru
permnerud.ru
metram24.ru
krdnow.ru
hairmaster-lux.ru
kak-legko.ru
avtomoy3.ru
rasklejka.ru

Also looking for:


Comments:
Guest
A good rule to follow is to do unto others as though you were the others
Guest

When I can't handle events, I let them handle themselves.

Guest
Work as though everything depended on you, and pray as though everything depended on God.
Calendar
MoTuWeThFrStSu