スキルス 意味

スキルス 意味

スキルス 意味



スキルス(scirrhous)とは、悪性腫瘍にみられる間質が多い癌の一種で、瀰漫(びまん)性に浸潤していくものを指す。硬癌(こうがん)ともいう。語源はギリシャ語のskirrhos(硬い腫瘍)。胃癌、大腸癌や乳癌でこのような形での発育・浸潤がみられることがある。

スキルス(scirrhous)とは、悪性腫瘍にみられる間質が多い癌の一種で、瀰漫(びまん)性に浸潤していくものを指す。硬癌(こうがん)ともいう。語源はギリシャ語のskirrhos(硬い腫瘍)。胃癌、大腸癌や乳癌でこのような形での発育・浸潤がみられることがある。

ひとかたまりにならず、正常組織に染み渡るように癌が浸潤するため、病変の表面が正常組織に覆われていたり、病変内に飛び石のように正常組織が残っていることがある。また

ひとかたまりにならず、正常組織に染み渡るように癌が浸潤するため、病変の表面が正常組織に覆われていたり、病変内に飛び石のように正常組織が残っていることがある。また

スキルス(scirrhous)とは、悪性腫瘍にみられる間質が多い癌の一種で、瀰漫(びまん)性に浸潤していくものを指す。硬癌(こうがん)ともいう。語源はギリシャ語 …

この頃からスキルスは硬性癌を意味するようになっている 1) . スキルス胃癌は線維増生を高度に伴い,肉眼的に硬さを感じさせるものであり,癌が深く浸潤する進行癌に多く,3型,4型を示すものが多い (Fig. 1) . Fig. 1a スキルス胃癌.�

スキルス癌(スキルスがん)とは。意味や解説、類語。《scirrhous cancer》硬(性)癌。腺癌 (せんがん) の一型で、癌の基質に対して間質結合組織の量がきわめて多いものをさす。胃癌・乳癌にこの状態のものが多い。 - goo国語辞書は30万3千件語以上を収録。

スキルス性胃癌(スキルスせいいがん)とは。意味や解説、類語。普通の胃癌のように胃壁に盛り上がることなく、胃壁内に入りこんで増える癌 (がん) 。発見しにくい。スキルス胃癌。硬性腺癌。→スキルス癌 - goo国語辞書は30万3千件語以上を収録。

いまさら聞けない「ステージ」と「スキルス」の意味|けいゆう先生の医療ドラマ解説【3】 2018/11/07. 執筆:山本健人 (ペンネーム:外科医けいゆう) 医療ドラマを題材に、看護師向けに医学的知識を紹介するこのコーナー。 今回は、大ヒットとなった「劇場版コード・ブルー」を取り上げ ...

 · stealth(ステルス)とは。意味や解説、類語。1 隠密。こっそり行うこと。「ステルスマーケティング」2 ⇒ステルス技術 - goo国語辞書は30万3千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。

スキルスとは「硬い」という意味ですが、その名の通り胃の壁全体が硬くなるのが特徴です。

 · スキルスとは、ギリシア語で「硬い腫瘍」を意味するskirrhosに由来します(英語表記ではscirrhous)。スキルス胃がんは、他の一般の胃がんと ...

「ステルス(stealth)」とは、「隠密」、「こっそり行う」という意味の外来語で、語源は「盗む」を意味する「スティール(steal)」と同じです 。

スキルス 英語 意味 ⭐ LINK ✅ スキルス 英語 意味

Read more about スキルス 英語 意味.

pitersteps.ru
ipkrasnodar.ru
rasklejka.ru
permnerud.ru

Comments:
Guest
You can't turn back the clock--But you can wind it up again.
Guest

An obstacle may be either a stepping stone or a stumbling block.

Guest
Lost time is never found again.
Calendar
MoTuWeThFrStSu